Treatment
主な診療内容

診療内容の一部のご紹介です。この他の治療のご相談や診療内容の詳細に関しては、お電話でお問い合わせいただくか、来院の際に直接お尋ねください。

予防歯科

繰り返しの治療はダメージが蓄積されます。 自覚症状がなくても定期的に診てもらうことで、治療の際の身体的負担、費用的負担を軽減することができます。 定期的な検診をおすすめしております。

詳しくみる

予防歯科ラインナップ


ブラッシング指導
ブラッシング法が正しくないと、せっかく治療をした歯もまた同じことを繰り返すことになってしまいます。歯科医院では、歯ならびや咬み合わせを診て、一人ひとりに合ったブラッシング指導を行っています。
PMTC
隅々までしっかり歯磨きしたつもりでも、磨き残しはどうしてもあるものです。PMTCは、歯科医師や歯科衛生士が専門の機器を使い、普段歯ブラシが行き届かない部分などに残ったプラークを、徹底的に除去するクリーニング。優れた予防効果を発揮します。
スケーリング
プラークは放っておくと歯石となり、歯にこびり付いてしまいます。そうなると、歯磨きでは取ることができません。スケーリングとは、「スケーラー」という器具を使い、プラークや歯石を除去する処置です。
DDDS
虫歯や歯周病の原因菌に対し、抗菌作用のある薬剤を歯や歯ぐきに塗布する予防法。大人から子供まで、歯の病気になりにくい歯をつくります。
フッ素塗布
フッ素塗布には、酸に強い歯をつくる効果があります。また、歯から溶け出したカルシウムを歯に戻す“再石灰化”を促す効果もあります。特に子供の虫歯予防に用いる方法です。

小児歯科治療

子どもの歯はやわらかく、奥歯の溝も複雑なので大人の歯に比べて虫歯になりやすいものです。また、将来の歯の健康や歯ならびは、乳歯の状態で決まるともいわれています。小児歯科では、お子様を対象に、虫歯治療だけでなく予防中心の歯科診療を行っています。将来の健康な歯のために、乳歯のうちからお子様の歯を虫歯から守りましょう。

詳しくみる

素材について


フッ素塗布
生えはじめの乳歯は、2~3年たたなければかたくなりません。フッ素を塗布することで、人工的に歯質を強化でき高められ虫歯菌の繁殖も抑制できるため、乳歯の健康に一役買います。また、フッ素には歯の再石灰化を促す効果があるため、初期の虫歯なら治療できます。
シーラント
乳歯の奥歯は溝が深く、虫歯になりやすい部分です。特に6歳臼歯の溝は複雑ですから、虫歯予防には「シーラント」がおすすめです。シーラントとは歯科用プラスチックを奥歯の溝に埋めて食べかすがたまるのを防ぎ、虫歯を予防する処置です。

PMTC 歯のクリーニング

PMTCは、歯科医療の先進国・北欧で確立されたプロによるクリーニングです。セルフケアでは落とすことのできないバイオフィルム(細菌の膜)や着色を除去します。 専用の機械とジェルペーストを使用して行うため、汚れを完全に除去できるうえ、フッ素効果で虫歯予防も果たします。

PMTCの料金は保険適用外で5,250円となります。

詳しくみる

ハンディージェット
プラーク、バイオフィルムをスプレー噴射で除去します。

PMTC専用アイテム
日本人の口腔内に合わせた、清掃力の高いPMTCカップ&チップとシリコンカップでは落としきれない頑固な汚れに対応できるブラシをご用意しております。

トリートメントペースト
健康な口腔内を維持するための歯のトリートメントペーストです。「こんなツルツル感初めて」「また受けたい」とお喜びの声をいただいております。

クリーニングジェル
着色や汚れを素早く除去しながら、同時に歯面を滑沢にするクリーニングジェルです。

ホワイトニングでつくりものじゃない本当の歯の白さを

最近では自分の歯を活かし、歯科用の薬剤を使って歯の白さを取り戻す「ホワイトニング」が主流となり、話題を集めています。薬剤といっても安全性が認められた確かなものですので、 安心してご利用いただけます。

詳しくみる

オフィスホワイトニング
高濃度の薬剤を使い、特殊な光を照射して白くする強力なホワイトニング法。1~2回で効果を発揮しますが、後戻りがやや早いのが難点。
ホームホワイトニング
低濃度の薬剤をマウストレーに注入して装着し、時間をかけて歯を白くしていくホワイトニング法。白くなるまで日数がかかりますが、効果の持続性が抜群。
デュアルシステム 当クリニックのおすすめ!!
オフィスホワイトニングの即効性を活かし、歯科医院ですぐに白さを手に入れ、後戻りがないようホームホワイトニングのキットを使ったご自宅のケアで、白い歯を維持していく方法です。各ホワイトニング法を別途利用して歯の白さを維持していくよりも、このデュアルシステムを利用したほうが、ローコストでより効果的なホワイトニングが行えます。

歯周病治療

重度にまで進行してしまった歯周病には、上記にあるスケーリングなどの処置では対応しきれません。そんな時に必要になるのが歯周病外科治療。当クリニックでは歯周病外科治療に対応しています。

詳しくみる

歯周病の進行


歯周病治療方法


スケーリング
歯にプラークが残っていると、それがだんだん歯石となり歯磨きでは取ることができなくなってしまいます。歯科医院では、そのような歯石を「スケーラー」という器具を使って除去します。処置後は水がしみたり、歯と歯の間に隙間があき、歯も長くなったような気がしますが、すぐに違和感はなくなるでしょう。
ルートプレーニング
歯ぐきや歯周ポケットに入り込んだプラークや歯石は、スケーリングでも取ることが難しくなります。特に重度になると、歯周ポケットが深いためますます取れません。そのような場合に、歯科医院では麻酔をし専用の器具を使ってきれいに歯石を除去します。処置後は歯の表面がツルツルになり、汚れが付きにくくなります。用プラスチックを奥歯の溝に埋めて食べかすがたまるのを防ぎ、虫歯を予防する処置です。
エムドゲイン
エムドゲインとは、歯周病が進行して破壊された歯周組織を再生する方法です。スケーリングやルートプレーニングでプラークや歯石を除去したあと、エムドゲインゲルという豚由来の薬剤を使って簡単な手術を行います。それにより歯が生えてくる時と同じような環境を再現でき、歯周組織が再生します。

インプラント
第二の歯を手に入れる

インプラントは、まるで自分の歯のような噛み心地と、天然歯のように透明感のある歯を手に入れることができるので、「第2の永久歯」として人気を呼び、その需要は年々高まっています。当院は多くの実績や常に研修を行っておりますのでご安心下さい。

詳しくみる

インプラントの流れ


1. 歯ぐきの粘膜を切開して、歯科用ドリルで顎の骨に穴をあける
2. 歯ぐきの粘膜を切開して、歯科用ドリルで顎の骨に穴をあける
3. 3~6ヶ月、人工歯根と骨がしっかり結合するのを待ち、結合確認後、人工歯根の上面を歯ぐきから露出させる
4. 歯ぐきの治癒を待ち、型採りを行い仮歯を作製。人工歯根の上部に仮歯を被せる
5. 再び歯ぐきの治癒を待ち、天然歯のように美しい人工歯を付け替えて完了
6. 定期的にメインテナンスを行う。定期検診を忘れずに!


入れ歯やブリッジとのメリット・デメリットの比較


メリット

●治療が簡単
●費用が安い

デメリット

●見た目に違和感を感じる事があります
●しっかり噛むことができない
●厚みがあるので違和感がある

メリット

●審美性が良い
●違和感が少ない

デメリット

●支えになる歯を削らなくてはならない

メリット

●天然歯のように審美性が良い
●違和感がほとんどない
●噛み心地が良い
●よく噛める

デメリット

●手術が必要
●費用が高額